読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル院生 博士への道

仕事と院生の両立を伝えていきます

R統計

統計処理を行うにあたって、ソフトが必要となります。代表的なものではSPSSがありますが、高くて導入できまへん!

 

ってことで、研究室でも使用しているRに挑戦です。フリーソフトで、関連書籍も沢山でております。

 

にしても、同じ統計処理でソフトによって結果に違いがあるのか、未だに無知です。

朝そうじ

休日の早起きは、掃除がはかどります。

f:id:toucyouyou:20170523091727j:image

f:id:toucyouyou:20170523091844j:image

すっきり!

よし、気持ちも新たに研究室へいこう!

臨床研究の進捗

1250のサンプルデータから、後ろ向き研究を始めています。メンターは論文数300(共著も含む)IMF平均5.6の最強Dr.のもと修行中です。

 

シンプルなデザインですが、キチンとした手順を踏めば論文執筆まで行き着くかもしれません。

 

それもこれも、尊敬するメンターのご指導あってのこと出会いに感謝です。

臨床研究と基礎研究

職場では、業務後に臨床研究。

休日は、大学院で基礎研究。

の日々を過ごしています。

理学療法士の明日

先日、養成校の教員をしている後輩と話す機会がありました。

 

興味深い話がありましたので、軽くまとめてみます。

【今年の理学療法士国家試験合格率が90%を超えた】

f:id:toucyouyou:20170502183939p:image

数年前の話では、80%台まで落として、質の向上を目指すなんて話もありましたが、ここに来て、90%を超えています。介護予防分野の人員を確保する思惑があるのではと教員達の中では話題になっているそうです。

平成30年度の診療報酬改定の布石かもしれません。

 

【養成校の定員割れが年々増加している】

後輩は福岡県の養成校教員ですが、PT.OTを目指す高校生が減っているそうです。一般企業の求人が増えていることと、初任給が上昇傾向にあるそうです。また、年々減少している療法士の現状から人気は低下しているのでは?という見解です。確かに、診療報酬改定に左右される我々の職業はある意味では、将来の生計を立てづらい分野の一つであるかもしれません。

 

【全国的には療法士専門学校は大学化する可能性はあるが、福岡県は養成校の数が多すぎて、簡単に移行は難しい】

福岡県は、東京の次に養成校の多い県です。少子化、給与の低下など様々な要因から、簡単に大学化することは難しいようです。

 

 

 

迷走からの脱却

研究テーマついに決まりました!

テーマは『nostalgia』

これからは、文献検索と読み込みの日々です。

それが終わって具体的にデザインを作っていきます。

 

 

 

 

同級生からの贈り物

朝ポストを開けると、専門学校時代の同級生から論文の別刷が送られてきました。

 

学生時代は、夜間部クラスを引っ張ってくれるリーダーで人望も熱く、そしてチャーミングな方で最高のアニキ的存在でした。

 

この方が、私の大学院に行くキッカケを作ってくれたといっても過言ではありません。

 

九州大学大学院で医療経営を学ばれ、私に沢山の刺激を与えてくれました。私の修士時代も色んな相談に優しく答えてくれ、最高な人です。

 

これからも、背中を追いかけていきます。

本当に、良い刺激を頂きました。

f:id:toucyouyou:20170424114609j:image