読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル院生 博士への道

仕事と院生の両立を伝えていきます

インパクトファクター

ネットで調べてみた。

インパクトファクター(文献引用影響率)とは、特定のジャーナル(学術雑誌)に掲載された論文が特定の年または期間内にどれくらい頻繁に引用されたかを平均値で示す尺度です。これはトムソン・ロイターの Journal Citation Reports® (JCR®)が備えている評価ツールの 1 つです。
毎年Journal Citation Reports が公開するインパクトファクターは、被引用数と最近出版された論文との比率です。特定のジャーナルのインパクトファクターは、対象年における引用回数を、対象年に先立つ 2 年間にそのジャーナルが掲載したソース項目の総数で割ることによって計算します。